3人の女性

悩める人事関連の面倒|タレントマネジメントで社員のパワーアップ

誰かの仕事をカバーする

スーツの女性

社員によって、行動は異なってくるものです。部署ごとによりますが企業の役割を担っている以上社員全員同じことをやっている訳ではありません。営業社員は、不特定の時間に外回りにでて取引先の担当者とのやりとりを行なうのが業務です。それとは真逆に事務社員はオフィスにとどまって企業インフォメーションに従事しています。内部資料の作成や人事に関する事をやるのが普段の業務です。企業の形態によっては多少は異なってくるものなので、あくまで一例として捉えてください。ですが、同じ企業に勤めている社員同士のスケジュール確認は徹底した方が適切です。なぜなら、社員の内誰かに要件がある旨の電話や直接訪問のお客さんが来てしまったら対処出来ないでしょう。社員の代わりに別の人が担当で対応しても、何かしらの話が食い違ってしまう可能性も考えられます。なので、スケジュール共有のソフトやクラウドサービスなどを活用しておきましょう。常に、社員のスケジュールを共有しておく事で、誰かが休みの日はその分の仕事をカバーしきれるでしょう。

スケジュール共有ソフトやクラウドサービスは、手書きのスケジュール帳のように使いやすい使用となっています。月ごとにどのような仕事が控えているのかをすぐに埋める事が可能です。それに、時間や曜日と要件に至るまで事細かに記載する事が出来ます。それだけではなく、社員の誕生日や取引先の担当者の誕生日などの特別な日を情報として書き込む事が可能になります。それを覚えておくだけでも、好感も持たれてビジネスを円滑に進められるでしょう。なので、スケジュール共有ソフトなどを活用するのがおすすめです。